常照院樹木葬 常照院樹木葬

墓所佐賀県佐賀市本庄町鹿子1206-3

map

Google Mapで見る

一番の違いは“契約後の費用が永久0円”という点と「寺院との提携運営により長期的に安心してご利用頂ける」という点です。寺院が直接運営を行う場合、途中での条件変更やお客様へのサポート、また、墓地の管理が手薄になる場合がございます。その点、佐賀樹木葬では当社と寺院が連携して細部までサポートを致します。

業者のみで運営を行っている霊園などの場合、その業者が倒産したらその後は荒地になってしまう可能性があります。その点、当樹木葬では、万が一当社の管理・運営が困難になった場合でも、寺院がその後の管理・運営を引き継ぐような体制になっておりますのでご安心ください。

檀家の場合や他の樹木葬においても、途中で年間費の値上げや突発的な費用が必要になる場合も少なくありません。当樹木葬では、その様な後々のトラブルを防ぐ為、例え住職の代変わりなどの大きな状況の変化があった際でも「条件の変更は永久的にできない」と約款に記載しております。 長期的な視点で、ここまで徹底した体制を整えているのも当樹木葬が選ばれる理由の一つです。

通常、樹木葬であっても石材の管理・メンテナンスや環境維持はご自身で行うのが基本となりますが、当樹木葬においては、災害時の補修から定期的なメンテナンスに至るまで無期限で無料補修を行います。

一番多いのは60代の方々です。(当樹木葬の場合)
近年、若い内から終活を始められる方も多く、50代、60代でご自身が元気な内に早めにご準備をされる方が増加しております。いざという時にご家族に負担を残さない為にも、早目の終活をお勧め致します。

それぞれの骨室に水抜き(排水)を設置しておりますので、骨室内部に水が漏れたり溜まったりする事はございません。

全国的な割合で見ると、一般墓より樹木葬を選ばれる方の割合が高く、樹木葬の人気は今後益々増加していくと思われます。しかし、樹木葬墓地を開拓する場合、檀家を始め近隣の方や場合によっては市町村の許可まで必要となる為、樹木葬墓地の開拓は容易な事ではありません。(佐賀県は特に樹木葬の開発が困難と言われています)その様な現状を考慮すると、「新たな樹木葬が開拓するのを待つ」よりも、既存の中から検討される方をお勧め致します。

現在の日本社会は少子高齢化が急激な速度で進んでいます。特に少子化の影響として代々家を継承してきた跡取りが減少し、核家族化の拡大の影響もあって、菩提寺にある先祖代々の墓石を維持することが困難になりつつあります。その結果離断を申し出られる檀家様も徐々に増加しています。

 

江戸時代より確立されてきた檀家制度が徐々に揺らぎ始めました。

また、若者の寺院離れや直葬など、葬儀の形の変容も著しくなっています。このような時代の変化の中で拙僧も今後の寺院経営の難しさに直面していました。

この度誕生した佐賀樹木葬が今後の新たな供養の形として皆様方のご理解とご協力をいただけましたら幸いに存じます。

所在地:佐賀県佐賀市本庄町鹿子1206-3
名称:宗教法人常照院(じょうそういん)
住職:福山智宣(ふくやまちせん)
宗派:日蓮宗
創建年:1429年(永享元年)

Google Mapで見る

運営会社

運営会社
株式会社 佐賀美石
住所
〒840-0015 佐賀市木原3丁目8-25
代表者
代表取締役 堤 健太郎
電話
フリーダイヤル 0120-776-624
事業内容
墓石事業・樹木葬事業・直葬(葬儀)事業・海洋散骨事業
資本金
5,000,000円
取引銀行
佐賀銀行・ゆうちょ銀行
会社ホームページ
https://sagabiseki.jp/